Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

C†C 5

*ノベルゲ C†C

 そろそろ核心に迫ってきましたの5。

 

5周目《INVISIBLE MURDER INVISIBLE TEARS》

 美希ルートでした。

 ここまでくると、あまり語るべき言葉もないなあ。この周の早い段階で気付いて、でも適応係数の高さで特殊能力でどーたらとか、まどマギのほむほむっぽい立ち位置?とか斜め上なこと考えてたけど。最初の周回から、地味に伏線ありましたね。胸が成長してるとか、腕を上げたとか。

 ただ細かいツッコミいれるなら、惨殺全滅エンドで美希の死体映ってるよね? 右側、奥から、霧、美希、みみみ先輩でしょ。確かに足しか映ってないんだけど、冬子はソックス履いてない。まあ、その回が比較的最初でそれ以後上手くやってるなら、矛盾にはならないけれども。

 

 美希の弱さはなんだろう。

 世界が繰り返して元通りになったとしても記憶が失われているなら死んだのと同じだ、そして死ぬことは怖い、ってのは、全くもってその通りなんだよね。とても自然な考え。でも、たぶん太一は、繰り返しても俺は俺だから構わない、的な思考を持ってるように思うんだ。自我の強さ? 自身の個に対する自信? そこが、美希の弱さなのかな。弱さって言っちゃうほど弱みでもないとは思うけど。この回で解決されたトラウマって、何度も繰り返したことによる孤独と、壊れそうな心、というところでしょ。原因はループ後に起きたものなんだよなあ。だからなんだってわけじゃないんだけど、立ち位置がずれてるのが気になるのか。

 シナリオ的には一番好きだし、キャラ的にも一番好きなんだけど、なんかしっくりこないなあ。

Remove all ads